メモリードグループ トータルライフサービスメモリードグループ

メモリードではハウスボートクラブとパートナーシップを結び、あたらしい葬儀・散骨供養のかたちをご提案いたします。
お問い合わせは葬祭部商事課まで。

メモリードがご案内する海洋葬

HOME > メモリードがご案内する海洋葬

海洋散骨ってなに?

注目され始めた海洋葬・海洋散骨

現代の日本では、故人を火葬しお墓に埋葬する風習が広く知られていますが、もともと日本人は一部の貴族階級を除き古来より亡骸を火葬して山や海に撒き、自然に還すという考え方が一般的でした。現代のように、亡くなった人のお骨をお墓に入れ、そのお墓を代々継承していく、という風習は明治維新以降に広まった方法であり、ここ100年ほどに始まった新しい習慣といえます。

最近では、2004年頃ヒットした小説(ドラマ化・映画化もされました)「世界の中心で、愛をさけぶ」の中で、主人公が恋人の粉骨をオーストラリアで撒く、というシーンがありました。そこで初めて散骨という葬送の方法を知った方もいるかと思います。
また、アカデミー賞を受賞した映画「おくりびと」のヒットによる影響で、葬儀や葬送について考える人が増えたようにも思います。

お墓がいらない…?

そうした中で、「お墓に入る」という固定観念から自由になり、自然の大きな循環の中に回帰していこうと考える人も最近多くなりました。
また、熟年離婚、未婚の増加、少子高齢化・・・お墓を持ち、供養し続けていくことが難しい時代です。お墓参りに行くことがなかなかできない、お墓を守ってくれる人がいない、経済的な理由で墓地を購入することが困難…そいういった方々の中にも散骨という葬送を選ぶ人が増えてきました。散骨はお墓を必要としません。
都市部にお住まいの方にお墓の維持・取得に関わる問題・不安を抱えている人は多く、お墓の不要な自然葬・散骨といった葬送方法を選ぶ人もいます。もちろん、「海が好き」「海に関わってきたから」という理由から、海洋葬(海洋散骨)を選ぶ人も多いです。
散骨は海以外に、山や宇宙へすることもできます。「山で育ったから」「大きな宙に還りたい」、理由はそれぞれです。ご自身に合った自然葬をお選びください。

手元供養-お墓がないと不安、という方へ。

自然葬に興味はあるけど、お墓がないと不安…という方もいらっしゃいます。そういう方には、手元供養として分骨して残しておくことをお勧めいたします。お仏壇やお墓のような形で分骨して残すことも出来ますし、遺骨ペンダント、分骨用ミニ骨壺なども人気があります。メモリードでは手元供養のご案内もしております。気になる方は是非そちらもご覧ください。

変わりつつある意識~これからの海洋葬・海洋散骨~

一方で、これまでのお墓や葬儀、埋葬の形式にとらわれることなく「自分たちらしいお葬式・お墓・埋葬を」という考えから自然葬を選ぶ方も増えています。たとえば、夫婦だけのお墓を持つことも可能な納骨堂、樹木の下に埋葬する樹木葬や自然葬あるいは共同型墓地など、選択肢は様々です。高齢者を中心に、まだ自然葬や散骨に抵抗感をもつ人もいますが、若い世代を中心に葬儀に対する意識は変わりつつあるようです。

また、自然環境保護への関心も高まっている昨今、野山を切り開いて墓地や霊園を造成しない、環境に優しい葬送方法としても、海洋葬含む自然葬が注目されています。遺骨を自然に還し、故人の眠る自然環境を大切にしていこうというエコロジー思想も背景にはあります。

散骨や自然葬を希望する人は年々増えており、将的来にはこれらがごく普通の埋葬方法となることでしょう。それに伴い、散骨をおこなう業者がここ数年増えています。その中には、残念ながら、信頼性に疑問符がつくような業者が存在することも事実です。
散骨したご遺骨は、二度と戻ってきません。ご遺族の方が心からよかったと思える選択をして欲しい。その為にはわたしたちは努力を続けていく必要がありますし、散骨を希望される方には、是非ご自身で納得・安心できる業者を選んでいただきたいと思います。

信頼できる業者をお選びください。

メモリードでは、経験豊富な散骨コーディネーターの在籍する(株)ハウスボートクラブとパートナーシップを組み、船の運航やセレモニー進行など専門的なサポートを依頼しています。
散骨コーディネーターの紹介もしています。詳しくはこちらをご覧ください。
また、葬儀方法について悩んでいる方、海洋葬(海洋散骨)に不安のある方、お気軽に私たちにご相談ください。知識と経験豊富なメモリードスタッフがご相談に乗ります。

散骨の種類

海岸からおよそ10km以上離れており、漁場や航路を避けた場所で、粉末化した遺骨を撒く方法。
私たちのように船舶でおこなう方法と、沖合いまでヘリコプターで飛び、空から撒く方法があります。

山への散骨

山林や原野、山岳などに散骨する方法(フランスではモンブラン葬といって、モンブラン山麓に上空から散骨する方法があります。)と、樹木葬とよばれる方法(日本ではカズラ島が日本初の専用散骨所として有名です。)があります。樹木葬は、山に生えている大木の下に散骨する方法と、粉末化しない遺骨を埋葬した場所に木を植える方法があります。
粉末化しない遺骨の埋葬は、法律によって墓地と指定されている場所以外では禁止されています。その為、墓石の代わりに植樹をする「樹木葬墓地」が近年注目されています。

宇宙への散骨

粉末化した遺骨を専用のカプセルに入れて、アメリカのNASAが打ち上げるロケットに載せて地球軌道を人工衛星として周回させるという散骨方法です。地球軌道に乗った遺骨カプセルはそのまま地球の軌道上を周回しますが、やがて地球の引力に引かれて地上に落下し、流れ星となって消滅します。
実施しているのはアメリカテキサス州にあるセレスティス社で、年に1~2回打ち上げています。日本国内でもこの散骨プランを取り扱っている業者が増えています。

散骨をした有名人(海外)

スティーブ・マックィーン(アメリカの俳優)/周恩来(中国の政治家)/アインシュタイン(物理学者)/
ジャニス・ジョプリン(アメリカのロックシンガー)/イングリッド・バーグマン(ハリウッド女優)/
ジョンFケネディJr.(アメリカの政治家)/ライシャワー(元駐日米大使)/
マリア・カラス(ソプラノ歌手)/ジョージ・ハリスン(ミュージシャン、元ビートルズギタリスト)/
マハトマ・ガンジー(インドの宗教家)/ジャック・マイヨール(フランスのフリーダイバー) /etc・・・

散骨をした有名人(国内)

淳和天皇(第53代天皇)/石原裕次郎(俳優)/hide(ミュージシャン、元X-JAPANギタリスト)/
横山やすし(漫才師)/勝新太郎(俳優)/沢村貞子(女優)/荒井注(コメディアン、元ドリフターズ)/いずみたく(作曲家)/中島らも(小説家)/飯島直樹(プロウィンドサーファー)/梨元勝 etc・・・

海洋散骨のご案内

散骨コーディネーターご紹介

メモリードでは、経験豊富な散骨コーディネーターの在籍する(株)ハウスボートクラブとパートナーシップを組み、船の運航やセレモニー進行など専門的なサポートを依頼しています。

散骨コーディネーター

村田弘英(むらたひろひで)
ブルーオーシャンセレモニー 専属船長
(所有資格:小型船舶1級免許)
自己所有クルーザーにて海に親しみ、港湾船の船長を3期務めた後、株式会社ジールに入社
各種パーティー船の船長を務める傍ら、散骨事業を担当
遺族との打合せから散骨実施、アフターフォローまで一連の散骨スタイルを確立
また、全国のマリーナと業務提携を結び、各地で散骨セレモニーの指導もおこなう
2007年3月、株式会社ジールを退職
株式会社ハウスボートクラブの立上げに参加
前職までの経験を生かし、散骨コーディネーターとして活動中
これまでに経験した散骨は、500体にものぼる

海洋葬プランのご案内

身近な方たちだけで行う散骨プランから、合同で行う散骨など、さまざまなプランをご用意しております。また、三回忌、七回忌の際などに散骨した海域に行き、お参りをするプランもございます。
できる限りお客様のご要望にお応えできるようにいたしますので、お気軽にご相談ください。

チャーター散骨プラン   海洋家族葬プラン   合同乗船散骨
代行委託散骨   メモリアルクルーズ   合同メモリアルクルーズ

オプションで会食のプランなどもご用意しております。金額など詳しいことは料金表ページをご覧ください。

海洋散骨を行うときの注意点

散骨についての法律と規制

散骨は、きちんとした手順を踏み節度をもって行えば、法的に問題はありません。
日本における遺体の埋葬に関する規制は「墓地埋葬等に関する法律(略して埋葬法)」で定められています。
この法律では、散骨に関して「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない。」(第4条)、あるいは刑法190条の遺骨遺棄罪にあたる、として禁じられていました。
このような状況のなかで、1991年にNPO法人「葬送の自由をすすめる会」が発足し、葬送の自由を求める活動を始めました。同会では、「会結成の趣旨」のなかで「遺灰を海・山にまく散灰は、それが節度ある方法で行われるならば法律に触れることはない」「先入感と慣わしに縛られて自ら葬送の自由を失っている」と主張し、同じ年に相模灘において散骨による自然葬を実施しました。この散骨は後日マスコミで取り上げられ大きな反響がありました。
これを受けて法務省は、「社会的習俗として宗教的感情などを保護する目的だから、葬送のための祭祀で、節度をもって行われる限り問題はない」という見解を明らかにしました。また、当時の厚生省も、「墓地埋葬法の規定に該当しないので抵触しない」としました。
以降、散骨は次第に定着しはじめ、現在では、有名人をはじめとして多くの方が行うようになり、個人の自由な判断で葬送を行うことができるようになってきています。

海洋散骨のマナーについて

上でも申し上げたとおり散骨は法的には問題ありませんが、誰でもどこでも勝手に散骨ができる、というわけではありません。
海洋散骨を行う場合は、「葬送の自由をすすめる会」が定めた以下の自主ルールを守るのが一般的となっています。ルールを守り、故人が眠る海を大切にしましょう。

1.遺骨は粉末化する
2.海岸付近はやめて、沖に出て散骨を行う
3.養魚場・養殖場、航路を避ける
4.遺灰は水溶性の紙につつむこと
5.セロハンなど自然に還らない素材は使用せず、花びらだけを撒く

上記ルールに加えて、メモリードの海洋葬では
1.喪服は着用しない(公共の桟橋を使用するため)
2.自然に還らない副葬品は撒くのを自粛する
3.赤ワインの禁止(船体へ色素が付着してしまうため)
4.線香・焼香の禁止(においと防災上の理由)

といったマナーを利用される方々にお願いしております。

メモリードの海洋葬
海洋散骨ってなに?
海洋散骨のご案内
海洋散骨を行うときの注意点
メールでのお問い合わせ
終活相談
通常・オプション・コース 料金表はこちら
散骨エリア
メモリードグループでは、「トータルラ
イフサポート」
をめざし、冠婚葬祭を
はじめあらゆるサービスを提供させて
いただいております。
詳しくは、下記リンクよりご覧ください。
メモリードグループ トータルライフサービス メモリードグループ
お葬式・葬儀式場・ご法要でお困りの場合はメモリード東京へご相談下さい。
葬儀のことなら市民(区民)葬儀相談センターにご相談ください。
市民葬儀相談センター
手元供養のご案内
料金表 お問い合わせ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー このページのトップへ
  海洋散骨・手元供養は
メモリードの海洋葬
〒183-0012 東京都府中市押立町1-3-19 TEL:042-370-1985 FAX:042-370-1982
Copyright 2016 Memolead-Kaiyousou All Right Reserved.